--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.10 Sun
kannryann.jpg

西武は勝ち始めた。クラシックユニフォーム効果だろうか。
西武新宿線でみたポスターのナカジ(中島裕之)はかっこよかった。

牛尾邸へ。
牛尾(千聖)さんと、牛尾さんの旦那さんのやまちゃんと話す。大学の先輩となる二人だけど、話しやすくて、そして過ごしやすい良い家だった。家ではカレーをご馳走になり、皆でリフォームの番組をみて、旦那さんと長いこと話をして、近所の食堂で美味すぎる飯を食らい、駅まで送ってもらう。よく笑い、よく話し、よく食べた。心休まる一日を過ごせてよかった。いろいろと作品についても話せて、面白い感想をもらったり、ちょうど作り方とかの話をしてたら、松本人志という名前が旦那さんから驚くようなタイミングで出てきたので、いろいろと考えていました。
俺がオーディションにやってきた皆をみて「この人たち何で来たんだろう」と思ったという話をしてたら、そういうとこが近いといわれたので考えているのでした。

しかし牛尾さんと同じ悩みを抱えていたのでした。言ってることがわかるのです。そして自分が悪いとしか思えないのも共通で、面白いってことを考えるしかないけど、面白くないので困っているのです。
黄色い電車、黄緑の電車、つまんない電車、帰宅。
就寝。

深く掘れば掘るほどに、皆のことを考えていて、喜ぶと思って必死にやってたのに、気付いたら誰も見えないとこまで掘っていて、何もなくて、そこで声を出しても、その穴を誰も覗きこんでもくれないという夢をみた。そんな不条理なことがあるのかと、ただただ哀しかったけど、その穴の何もなさを嫌いにもなれず、ここでいいやと疲れて眠ろうとするけど、ここで上を見上げて待っていても仕方ないので、馬鹿な俺はさらに掘るのでした。
おわり。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://busstrio.blog41.fc2.com/tb.php/831-39bb21da
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。