FC2ブログ
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.28 Thu
hottoke-ki3.jpghottoke-ki2.jpg

近所においしいホットケーキ屋さんが出来ていました。

震災から『絶対わからない』の本番までいろいろと集中していて町の変化を見逃していたのですが、ふと路地に目をやると向こうにカフェの看板をみつけて、そこには素晴らしい店がありました。そういう何気ない発見が、とても嬉しくて仕方ないのです。歩いて外に出て、本当に自分で見つけるってことが嬉しい。自分が、ってこと、俺のもんになったような気持ちがして、たまらなく愛おしいのですね。町が。人が。
店内はディティールに溢れ、そのホットケーキは絶品です。すばらしい。
そんな店を一軒見つけただけで、わんわん吠えている犬を見ているだけで、滑ってコケて誤摩化しているおっちゃんを見つけるだけで、ばらが綺麗な庭の前を通るだけで、アリを必死に踏んづける少年たちを見ているだけで、かわいい女の子が笑っているのを見るだけで、チャリをぶっ飛ばすお婆さんとすれ違うだけで、そんなディティールだけで、へたくそな俺は作りたくなりました。最低だけど素晴らしいですよ。いろいろ。人のためになにか出来るんじゃないかと思えることも。だから、やるんですけど。でも、それは俺のためです。人のための俺のためですね。それは綺麗ごとじゃなく、難しくて、誰も自分のことなんて知らなくても、やるんです。ぐるぐる回って戻ってくるのはいつもここですね。
俺は俺のことしか出来ません。

(橋本)和加子が大阪の実家に帰ったんだけど、飼っていた文鳥のお墓が出来ていたらしく、そこには「橋本マイケル」と書いてあったらしい。よかった。あいつは見事に橋本家の一員だったんだな。
あ、ユイタマのお母さんから手紙が届きました。久しぶりに家族で『信じたり、祈ったり』を見てくれたみたいだ。とても嬉しい。いろいろと応援してくれて励みになる。もっと映画を皆に見てもらいたいな。満足なんて出来る訳がない。頑張らないと。
あと、夜に落ち込んでいる(上村)梓と電話してたら信じられないくらい長くなってしまって耳は携帯を押し付けられて赤くなるし痛いから会って話した方がいいんじゃないかと思ったのでした。しかし彼女は話がわかる。なんだろう。ほんと不思議なことに理解出来る。自分と喋っているようだ。
おわり。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://busstrio.blog41.fc2.com/tb.php/845-e15fb0fd
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。